ごみの出し方について

私の家はお隣の市から歩いて2分です。しかしごみの出し方がまるで違います。お隣の市ではプラスチックは黄色のポリ袋へ入れて週1回決まった日に出します。
ところが私の市では当番が出て、ものすごく大きなビニール袋へ各家庭から持ち寄ったプラスチックを入れて当番が最後に大きなビニール袋を縛って終了です。
週1回ですが当番は大きなビニール袋を縛るだけのために朝6時半から7時まで3人も出るのです。一人で十分です。
その他お隣の市では自転車とかストーブとかもOKですが、私の市は禁止です。
どうしてこんなに違うのかわかりませんが、お隣の市で当番に立つのは年1回くらいだそうですが、私の市では年5回くらいです。
共稼ぎのお宅は困っていますがお役所は一度決めたことはメンツがあって変更はしないのだそうです。

事情によって当番に立てないお宅もありますが当番に出ないと自治会長から電話が来るそうです。
私はこんなに自治体によって住民の負担が違うのは問題かと思います。
年1回くらいなら人に変わっていただくということも考えますが5回もあると考えてしまいます。
高齢化社会でごみ当番に立つのもままならない人がこれからどんどん増えます。
合理化できるところは合理化して住民負担を軽減すべきかと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です